TOPへ TOPへ当映画祭についてヒストリーお問合せ
上映スケジュール作品紹介  | ゲスト紹介チケット会場案内・周辺観光リンク




第26回上映作品のご紹介

  ※ 上映作品や上映日が変更になる場合があります。




2017年2月17日(金)
団地

(c)2016「団地」
製作委員会
オープニング作品

作品名: 団地

年/国/上映時間: 2016年/日本/103分

監督・脚本: 阪本順治 プロデューサー:武部由美子、菅野和佳奈制作総指揮:木下直哉
音楽: 安川午朗 撮影: 大塚亮 照明: 杉本崇 編集: 菅島信一 スクリプター: 今村治子
出演: 藤山直美、岸部一徳、大楠道代、石橋蓮司、斎藤工、冨浦智嗣、竹内都子 他

作品紹介:昭和の面影を残す古ぼけた団地の一角に、元漢方薬局店主の清治とひっそり暮らすヒナ子。ある日、些細な出来事にヘソを曲げた清治が「僕は死んだことにしてくれ」と床下に隠れる。夫の姿が消えても平然としているヒナ子に隣人たちの妄想が膨らみ・・・。かつて映画賞を総なめにした「顔」の阪本順治監督と日本を代表する稀代のコメディエンヌ・藤山直美コンビが再びタッグを組んだブラックなスパイスが効いた狄祐峇愀献灰瓮妊"をお楽しみください!


母〜小林多喜二の母の物語〜

(c)現代ぷろだくしょん
製作委員会

作品名: 母 〜小林多喜二の母の物語〜 

年/国/上映時間: 2016年/日本/110分

監督: 山田火砂子 原作: 『母』三浦綾子(角川文庫刊) 脚本: 山田火砂子、重森孝子、坂田俊子
音楽 渋谷毅 撮影: 長田勇市 製作: 現代ぷろだくしょん
出演: 寺島しのぶ、塩谷瞬、渡辺いっけい、山口馬木也、佐野史郎、浅利香津代 

作品紹介:大館市出身で、「蟹工船」などの作品で有名なプロレタリア文学作家の小林多喜二。治安維持法下、特高による拷問により29歳の若さで虐殺された多喜二の母親、セキの生涯を描く。主演は「ヴァイブレータ」体当たりの演技で話題を呼んだ寺島しのぶ。多喜二役は塩谷瞬、福原淳嗣大館市長が釈迦内村長役で出演し、秋田出身の浅利香津代もいぶし銀の演技を見せる。原作は、「氷点」の三浦綾子。84歳の山田火砂子監督が、今作っておかなければと、原作権を得て映画化。


歌声にのった少年

(c)2015 ldol Film Production Ltd/MBC FZ LLC/KeyFilm/September Film

作品名: 歌声にのった少年

年/国/上映時間: 2015年/パレスチナ/98分

脚本・監督: ハニ・アブ・アサド
出演: タウフィーク・バルホーム、ナーディン・ラバキ、ムハンマド・アッサーフ 

作品紹介:パレスチナ・ガザ地区に暮らすムハマンドは、姉のヌールと二人の友だちと拾ったガラクタで作った楽器を手に、街中で歌っていた。姉は弟の歌声を犧嚢"だと信じ、「カイロのオペラハウスに出る」というとんでもない目標を立てた。資金稼ぎと練習を兼ねた結婚パーティーでムハンマドの声は人々を魅了したが・・・。2013年の「アラブ・アイドル」での実話をもとにガザでオーディションされた子供たちを起用し、現地ガザでも撮影された。アラブの美しい旋律と瓦礫の中を疾走する少年少女が夢をあきらめない感動の物語。



2017年2月18日(土)
father


作品名:father 〜神父ゴッちゃん最後の旅〜

年/国/上映時間: 2016年/日本/105分

製作ボランティア代表: 渡辺考 作曲: 半野喜弘 プロデューサー: 日笠昭彦、折笠慶輔
撮影: ポアンロアト 音声: 折笠慶輔、ボーンクット  編集: 松本哲夫
出演: 後藤文雄

作品紹介: 14名のカンボジア難民を里子として引き受け育て、その後、カンボジアで小学校、橋、道路などインフラ整備に尽力している後藤文雄カトリック教司祭87歳。戦後70年夏、後藤は最後の旅に出た。向かったのは自身の原点、生まれ故郷新潟長岡、聖地エルサレム、そして人生を変えたカンボジア、彼の心の旅を記録し、国境を越えた親子の姿を描く。製作ボランティアの代表はテレビディレクターとしてギャラクシー賞、橋田賞などを多数受賞し、ノンフィクションライターとして近現代史、戦争、メディア論などの著書のある渡辺考。


真白の恋"
       
(c)sagan pictures

作品名: 真白の恋 

年/国/上映時間: 2016年/日本/97分

監督: 坂本欣弘 原作・脚本: 北川亜矢子 撮影: 山田笑子
出演: 佐藤みゆき、岩井堂聖子、長谷川初範、福地祐介、ほか

作品紹介:富山県射水市。この港町で家族と暮らす渋谷真白の職業は゛家事手伝い″。毎日を元気過ごしている彼女には、ごく軽度の知的障がいがあった。ある日、兄の結婚式が行われる神社で、真白は東京からやってきたフリーカメラマンの油井景一と出会う。様々な問題に直面しながらも前向きに生を歩んでゆく人々の姿を描く、全編、富山で撮影された珠玉の感動作。

なら国際映画祭2016 インターナショナルコンペティション部門 観客賞受賞

淵に立つ
       
(c)2016映画「淵に立つ」
製作委員会/COMME DES CINEMAS

作品名:淵に立つ 

年/国/上映時間: 2016年/日本・フランス/119分

脚本・監督・編集: 深田晃司 小説:「淵に立つ」深田晃司著(ポプラ社)
撮影: 根岸憲一(J.S.C) サウンドデザイナー:オリビエ・ゴワナール 音楽:小野川浩幸
出演: 浅野忠信、筒井真理子、太賀、三浦貴大、篠川桃音、真広佳奈、古舘寛治 

作品紹介:下町で小さな金属加工工場をを営みながら平穏な暮らしを送っていた夫婦とその娘の前に、夫の昔の知人である前科者の男が現れる。奇妙な共同生活を送りはじめる彼らだったが、やがて男は残酷な爪痕を残して姿を消す。平凡な家族の心の暗闇を繊細に表現、゛家族“を問い直す衝撃作。 

カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞 

過激派オペラ

(c)2016キングレコード

作品名:過激派オペラ(R15+)

年/国/上映時間: 2016年/日本/90分

監督: 江本純子 脚本: 吉川菜美、江本純子 原作: 『股間』江本純子(リトルモア刊)
製作: 重村博文 プロデューサー: 梅川治男、山口幸彦 音楽: 原田智英 撮影:中村夏葉
出演: 早織、中村有沙、桜井ユキ、森田涼花、佐久間麻由、後藤ユウミ、石橋穂乃香、今中菜津美、趣里、増田有華、遠藤留奈、範田紗々、宮下今日子、梨木智香、岩瀬亮、平野鈴、大駱駝艦、安藤玉恵、高田聖子

作品紹介: ゛女たらし″の女演出家・重信ナオコは劇団「毛布教」を立ち上げ、旗揚げ公演『過激派オペラ』のオーディションを開催。そこで出会った女優・岡高春にひと目惚れしたナオコは、春を主演に抜擢し、公演に向けて邁進していくが・・・。演劇界の奇才・江本純子が、自伝的小説『股間』を映画化。衝撃の話題作! 


2017年2月19日(日)
CHIGAI

東北芸術工科大学 映像学科 卒業制作作品

作品名: CHIGAI

年/国/上映時間: 2016年/日本/7分

監督: 黒田恵利

作品紹介: とある女性の元に突如現れた謎の生命体、チガイ。姿形、考え方、生態系、全てが違っている二つの生命体は、お互いの違い、欠損を受け止めあい新しい命を育んでいく・・・。


星屑のおとしもの

作品名: 星屑のおとしもの

年/国/上映時間: 2016年/日本/11分

監督: 先崎大朗

作品紹介: 星屑の入った小瓶を背負い時折できる穴に星屑を入れ、穴を塞ぐことを生業とする黄色い生命体「コビト」。ある日、間違ってコビトは穴の中に落ちてしまう。コビトは見知らぬ世界でお気に入りの星屑を求め探検していく。


at home

作品名: at home

年/国/上映時間: 2016年/日本/12分

監督: 鈴木翔子

作品紹介: かえり道、家にかえりたくないと思う。気がつくと朝で、鏡の前で身だしなみを整える。主人公は「だれ?」と問う。わたしはだれでどこにかえるのか。あるべき場所にかえりたい。


HARD BOILED CITY YAMAGATA

作品名: HARD BOILED CITY YAMAGATA

年/国/上映時間: 2016年/日本/20分

監督: 松本樹

作品紹介: 太古の眠りから目覚めた女神が狙う『時間の鍵』を守り抜け!「映画の街・山形」PR映画として制作されたアクション・ムービー。


キャンパスの景色

日本映画大学 卒業制作作品

作品名: キャンパスの景色

年/国/上映時間: 2016年/日本/30分

監督: 三宅辰典 脚本: 李向

作品紹介:誰かの役に立ちたいと介護士になった理沙は、四肢麻痺の障害を持つ裕太と出会う。裕太は引きこもり、ひとり油絵を書く日々が続いていた。彼の心を開こうと努力する理沙。無理難題を押し付けては理沙を困らせる裕太。ある事がきっかけとなり、理沙は決して超えてはならない一線を越えてしまう。


乙女よ、走れ

作品名: 乙女よ、走れ

年/国/上映時間: 2016年/日本/30分

監督: 原口大輝 脚本: 武田恒

作品紹介:明るくて奔放な高校1年生の久美は、ある日クラスメイトでガリ勉君の俊也から告白される。初デートで相手のことなどお構いなしの久美は、フラれてしまう。そして親友の本子が俊也のことを好きなのだろうと勘違い。本子を怒らせてしまう。本当の好きって、気持ちって何?そして三人の関係が動き始める。乙女よ、走れ!


貌切り

(c)Tatsuoki Hosono/Keiko Kusakabe/Tadahito Sugiyama/Office Keel
作品名: 貌斬り KAOKIRI〜戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より〜

年/国/上映時間: 2015年/日本/143分

原作・脚本・監督: 細野辰興 撮影: 道川昭如 照明: 荒井保 舞台照明: 伊藤侑貴
録音・編集: 若林大介 美術: 金勝浩一 舞台美術: 照井旅詩 音楽: 藪中博章
プロデューサー: 細野辰興 、日下部圭子、杉山蔵人
出演: 草野康太、山田キヌヲ、和田光沙、金子鈴幸、向山智成、森谷勇太、森川千有、南久松真奈、日里麻美、嶋崎靖、佐藤みゆき、畑中葉子、木下ほうか

作品紹介:1937年、二枚目俳優・長谷川一夫が顔を斬られるスキャンダラスな事件が起きた。その事件を題材にした新作映画を撮ろうとする監督やスタッフ達の人間模様を描く舞台「スタニスラフスキー探偵団」の千秋楽。楽屋では助監督役の俳優が迷走、主演女優は降板を言い出すなど、トラブルが相次ぐまま舞台の幕があがる。無事に幕を降ろすことができるのか。「シャブ極道」「竜二 Forever」の細野辰興監督10作目となる本作は、映画と舞台が融合、且つぶつかり合い、虚と実が交錯しながら日本映画のタブーに挑む。草野、山田など豪華俳優陣が放つ圧倒的な熱量も必見の、観たこともない娯楽映画が誕生した。

 

話す犬を、放す

(c)2016 埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ

作品名: 話す犬を、放す   

年/国/上映時間: 2016年/日本/84分

脚本・監督: 熊谷まどか エグゼクティブプロデューサー: 土川勉 撮影:大沢佳子(JSC)
照明: 松隈信一 音響: 黄永昌 美術: 塚本周作 編集: 山田佑介(J.S.E.) 音楽: IMO 配給:アティカス
出演: つみきみほ、田島令子、眞島秀和、木乃江祐希 

作品紹介: 売れない女優レイコのもとに、昔の芝居仲間の紹介で映画出演の話が舞い込む。同時に母・ユキエがレビー小体型認知症を発症し、長時間一人にしておくことができなくなってしまう。女優のキャリアと、母との生活を両立させようとするレイコだが・・・。『嘘つき女の明けない夜明け』が2008年文化庁委託事業ndjcに選出された期待の新鋭が、レビー小体型認知症という病をモチーフに、夢を追求するということ、介護という問題、゛生きる″ということなどを、人間賛歌としてコミカルに、そしてリリカルに描く。
 


オーバー・フェンス

(c)2016 「オーバー・フェンス」製作委員会
クロージング作品

作品名: オーバー・フェンス   

年/国/上映時間: 2016年/日本/112分

監督: 山下敦弘 原作: 佐藤泰志「オーバー・フェンス」(小学館「黄金の服」所収)
脚本: 高田亮 撮影: 近藤龍人 照明: 藤井勇 録音: 吉田憲義 美術:井上心平 
編集:今井大介 音楽:田中拓人 プロデューサー:星野秀樹 
出演: オダギリジョー、蒼井優、、松田翔太、北村有起哉、満島真之介、松澤匠、鈴木常吉、優香 

作品紹介: 家庭も仕事も失い、故郷の函館で職業訓練校に通いながら、失業保険で暮らす白岩。ワケありの生徒達と距離感を保ちながら「学校生活」を過ごし、殺風景なアパートに、缶ビール2本と弁当を買って帰るのが日課だった。そんなある日、鳥の動きを真似る風変わりなキャバクラ嬢・聡に出会い、目を奪われる。二人は急速に惹かれあっていくが・・・。「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く、佐藤泰志原作の函館三部作、最終章。器用に生きられない男女の物語は、今を生きる一人一人の物語でもある。フェンスの先にあなたは何を見つけるのだろうか。
 


上映スケジュール作品紹介チケット会場案内・周辺観光リンク



a