TOPへ TOPへ当映画祭についてヒストリーお問合せ
上映スケジュール作品紹介ゲスト紹介チケット会場案内・周辺観光リンク


当映画祭について

当映画祭の歴史についてはこちらへ ⇒ ヒストリー

■はじめに

町内を始め、スクリーンで映画を観る機会を失っている当地域で(映画のある町づくり)を目指し、自主上映サークル「夜間飛行」のメンバーを中心に企画され、1991年に発足し今に至る。現在まで最新の邦画、新人監督、アジア圏映画の3つが柱となっている。


■開催目的

1.スクリーンで映画を観る機会を失っている当地域で、身近に映画スクリーンと親しめる環境を創出すると共に、映画を通じて人々との交流を図り、人的ネットワークの構築を目指す。

2.「映画のある町」として、新たな地域イメージを定着する切っ掛けを作る。

3.イベントの企画、運営を一貫して地域の人々で行うことにより、地域一体感の醸成と独自のイベント開催ノウハウを蓄積する。

4.アジア圏の作品上映を継続しながら、映画を通じてアジア諸国の生活文化を紹介すると共に、交流を図る。

5.著名な映画監督や俳優、スタッフと地域住民が交流を図ることにより、人的ネットワーク構築を目指す。

6.全国各地の映画団体とのネットワーク化を秤、交流を促進する。
(湯布院映画祭・大分/東京国際映画祭・東京/浪岡映画祭・青森など)

7. 地域の施設を利用し、地域住民で作り上げる「手作りイベント」であることから、積極的な町作りへの参加意識を醸成する。

8.年1度のイベントとして地域、映画ファンの方々に映画祭を楽しんでいただく。


上映スケジュール作品紹介チケット会場案内・周辺観光リンク

お知らせ

スタッフ参加をご希望の方はこちらまでお問合せください。